今日会うあなたを忘れない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伊右衛門カフェ

サントリーがやってる和カフェです。

日本全国いろんな所にあるようですが...。

心斎橋の大丸にいたら異常な程お抹茶が飲みたくなったので入ってみました。
NEC_0240.jpg
冷抹茶

NEC_0242.jpg
玉露

NEC_0241.jpg
バニラアイス 抹茶がけ

NEC_0239.jpg
玉露は飲み終わった後。ポン酢でいただけます。
けっこういける!

全体に今風!
さすが大手ですね。すごく研究されています。

お水の硬度って自在にかえられるようで、ここのお水は正に甘露。
お菓子やお茶も昔からある味なのに現代風にアレンジ、
とっても軽く仕上げてあります。

こういう徹底的にマーケティングされているものを味わうとそのバランス感覚に感心する反面、完璧さに対する反発が...。

今日はちょっとひねくれてみました。

結論!
おいしいから安心して行ってください。

スポンサーサイト

PageTop

左阿弥

かどみせって風習はそちらにもありますか?

結婚したばかりのご夫婦を親戚が食事に招待するっていう行事なんですが。

私も便乗させていただいて、京都、丸山公園の左阿弥さんにおよばれしてきました。NEC_0052.jpg
織田信長公のおい、頼長公のお屋敷跡、380年前のものがそのまま残っているとのことです。

NEC_0049.jpgNEC_0048.jpg
NEC_0046.jpgNEC_0045.jpgNEC_0044.jpgNEC_0043.jpgNEC_0042.jpg
伝統的なあっさりした京料理の姿勢は堅持。その中で、先付けにお漬物のお寿司が付いていたり、白い器のフォワグラ玉子豆腐が出たりと流行も意識されていました。

帰りに大丸でgiottoに寄ってしまいました。
NEC_0041.jpg
マロンのパフェと杏のパフェ(パフェというネーミングではありませんでしたが。)
ここの焼き菓子最高です!
しかも日本でここしか売ってない!

玄米2日ほど食べてないと途端にこんなものが食べたくなります!

ほんと玄米食べてると甘いものって不要なのに、不思議!

さあ!明日からはN.Y ミーナのおいしい旅はじまります。

小さいPC持って行って出来るだけブログも更新するつもりです!
上手くいきますように!




PageTop

さばずしのいず重さん

3年ぶりにいず重さんに寄せていただきました。
場所は八坂神社のすぐ前でいろいろお持ち帰りができます。

久々に行ってびっくりしたのはメニューが増えていたこと!
生麩巻きや海藻巻きができていました。
海外からの旅行者が多いせいでしょうか?
それともマクロビの影響がここまで及んでいるのか?

他にも鯛の笹巻きや稲荷ずし、注文してから作って下さるせいかとっても美味しいのです。
とくにいなりずしはケシの実、揚げとゴボウのすっごく小さく刻んだものが入っていて、オリジナル感満載!
やっぱりここでないと!の記憶を頭にすりこんでくれます。

不思議だったのがあんなに大好きだった鯖寿司をちっとも美味しく感じなかったこと。
お店の味が変わったのか、マクロビの影響で私の味覚がかわったのか?
今日は鯖寿司を買いにいったのに不思議な結果になりました。


ちなみに北海道の一部を除いては鯖寿司を発送できるそうです。
釧路、網走ならOKとのことでした!

この日は顔見世、昼の部みてきました!NEC_0054.jpg


愛之助、海老蔵、玉三郎、仁左衛門、藤十郎、吉右衛門の豪華顔ぶれ!
左右には舞妓さん、芸妓さんがずらりと並び、これぞ顔見世という雰囲気を出してました!

ところでうれしいハプニング!

秀太郎さんの演技にじっと見入っていると、やはり息子、気になるのか愛之助さんが私の様子を舞台から気に留められた様子でした!

理由はなんであっても、存在を認めて頂いただけで感激!
愛之助さんとは何かにつけご縁があり、ミーナの一番の贔屓役者ですから!

舞踊の家元も継がれたそうでおめでとうございます!
ものすごく精進されたんでしょうね。

PageTop

手打ちうどん

さすがのミーナも毎日ごちそうばかりで少し疲れてきました。
自分で作ったものはほとんどブログに載せていませんが、実は家でも美味しいものを食べています。

昨日、帰宅してから作った、栗鳥きのこのピラフは最高でした。
自分で作ると温かいうちに食べねばと思って、写真をとるのが、ついおろそかになってしまいます。

最近はハム作りの研究にもとりかかっています。
まだ、見た目は未完成ですが、異常なほどに美味しい!

それから、今日は切味の屋さんという刃物のお店でサーモンナイフを入手してしまいました。
切れ味最高!
ツブガイのお刺身もトマトもスモークサーモンも恐れるものはありません!
楽勝!

とある有名作家さんが夜中にローストビーフを作って「私は天才かっ!」とひとりでつぶやいているそうですが、私もやってます。

そうそう、ごちそう疲れでお昼は讃岐うどんのお店にしました。
200810181239000 ぶっかけ玉点


美味しかったけど、ほんとは温かいのが食べたかったのよ~。
なんにも言わなかったら冷たいのが来ちゃったんだけど、これって冷たいのが定番ってことかしら~。

讃岐うどんは通の間では、無言の了解が多いそうだから。

前に座っていたカップルは男性が讃岐うどんの流儀について熱く語っていました。
ミーナも質問すればよかったー。

という訳で、今日も充実した一日でした。

PageTop

アナゴ寿司 桧垣さん

いやはや、食の旅に出かけてから、急に美味しいものに出会う機会が劇的に増えてしまいました。
こういうのを風が吹いてるっていうんでしょうかね~。

ブログを書くにあたって事件があったので、アップできませんでした。
15日の分です。

今回はアナゴ寿司のお店 桧垣さんです。
200810151230000 ひがき

お品書きはアナゴ寿司 蒸しアナゴ 穴キュウ アナゴちらしがメインで、あとは巻きずし、海老の押し寿司、いいのが入ったときだけの鯖寿司のみです。

ちらし寿司もありました。
すごく個性的!200810151739000 ひがき


お持ち帰りが専門です。
Kさん、Sさん推薦のお店です。
家庭画報や大丸の特選売り場にも出ているそうです。

噂にたがわず特上のおいしさ!
ご飯の炊き具合が最高!

大量にお持ち帰りしてしまいました。

しかし、家人Aはアナゴが口にささる。
鯖寿司がグロテスク!

と申しておりました。

私はこんな美味しい鯖寿司食べたことないと思ったのに~!
200810151757000 ひがき


京都の老舗の鯖寿司の熟成した味とは違い、新鮮な鯖の味わいを存分に味わせてくれる一品です。

桧垣さんのようなおみせでも、痛い評価をされることがあるのですね。
やはり、「人の好みは千差万別」ということでしょうか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。