今日会うあなたを忘れない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

玄米ご飯

最近玄米ごはんにはまっています。

マクロビクッキングで出してもらったのがきっかけでいろいろ試してみるようになりました。

有機 糖熟玄米 炊飯器でたいてもモチモチしています。

滋賀 こしひかり 特別栽培米

有機 ひのひかり


価格、味 、栽培方法様々です。

ちなみに一番高かったのは糖熟玄米 1キロ1000円します。
牛肉をたべないから~。と清水の舞台から飛び降りるつもりで試食!

ひのひかりは1キロ500円台で特別栽培米としては低価格の方です。

そこで、ひのひかりの中でいろいろ試してみると、生産者と脱穀法によって味が全然ちがう!

当たり前とはいえ、ここまで違うとは!
目でもただけでも全然違うので写真を載せたかったのですが、
携帯写真では違いがわからないので断念!

みなさんも一度に食べきらず少しずつ残しておいて見比べて下さい。
おいいしいお米はひびがはいっているものが少なく、ピカピカ磨かれています。
コシヒカリはさすがに立派な存在感ですが、美味しいとは限りません。


Iさんのひのひかりは優しい甘さでとっても瑞々しいのです。
より高価格の物と比べても断然おいしい!

マクロビは玄米が食事5割を占め、後のおかずの1品1品存在が小さいので玄米の味が食事の満足度を大きく左右します。

おかずは野菜や魚の味をしっかり味わって、お醤油、お味噌、お酢でちょっとお化粧してあげる感じで十分だし、その方が玄米のおいしさをひきたてるのです。

最近は満足のいく玄米ごはんを炊けるようになったので、食事の土台作りがしっかりできるようになった気がしてとっても幸せです!


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。