今日会うあなたを忘れない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6日目はハーレム

朝6時からやってるおいしい朝食はホテルしかないので、ロンド NYCホテルのゴードンラムゼイへ。
日本のホテルのように沢山の種類はありませんがヨーグルトも、フルーツもベーコンも厳選されていてさすがでした。

IMG_3875.jpg
IMG_3883.jpg

ゴスペルを聞くために街の中心部からハーレム行きの地下鉄に乗ると突然黒人だけの世界に。
こんなにきっちり棲み分けているとは驚き! 

観光客が入れる教会は少ないので、3時間待ち。それでも人数制限ぎりぎりで、入れたのはラッキーでした。3時間待ってそのまま帰る人も。
礼拝は入水する洗礼もあり予想したより厳格、神父さんの説教のトーンの高さが今の黒人のエネルギーを感じさせるものでした。

午後はグッゲンハイム ノイエ フリッツと美術館めぐり

NEC_0189.jpg
この絵、うちの玄関に複製があるんですけど見覚えありませんか?
ゴーギャンが描いたタヒチの風景です。
本物はさすが!
家のはよく、「あなたが描いたの?」と聞かれるレベルですが、私には複製レベルでも無理です。

フリッツには恐れ入りました。
元jは鉄鋼王の個人宅でN.Y.版のお城です。
家の中に25メートル位の噴水があって地面から花がさいてます。

絵もアングル、モネ、マネ、エルグレコ、レンブラント、フェルメールまだまだあります。
戦災や革命にもあってないせいか、調度品もきっちり残っていてとってもお勧め。

アメリカの一個人の収集欲と財力に脱帽!

ここのアングル作伯爵夫人の肖像が大好きです。

その後、ホテルで寝てしまったので晩御飯は無しでした。
これが今回の旅の最大の遺恨!

スポンサーサイト

PageTop

5日目はMOMA

NEC_0161.jpgNEC_0158.jpgNEC_0159.jpg

朝食はサラベスで名物のオムレツかパンケーキを注文するはずが、うっかり外してしまい、エッグベネディクト。
美味しかったからいいことにします。

更に、今日はMOMAがメインのはずが、バーニーズとバーグドルフ グッドマンのバーゲンにつかまってしまいました。
クリスマスバーゲンは人がすごいって聞いていましたが全然人がいない!
バブルが弾けた影響が如実に!

ようやくたどり着いたMOMAでは作品の質の高さにびっくり!
カディンスキーもアンリ ルソーもセザンヌも大昔にパリで見たのより、数段よく見えました。
アメリカの大富豪が、同じ作者であっても脂の乗った時期の物を集めたのか、私の感性が変化したのかわかりませんが。

ワシントンではアメリカの凄さをみせつけられた気がしましたが、ここでは素直に受け止めました。

晩御飯は今回の旅のメイン 「ダニエル」へ

N.Y.フレンチ界の大御所的存在!
N.Y.の有名フランス人シェフほとんど彼の弟子という噂です。

料理は勿論、合わせてくれるワインも最高!
しかも、今回は時期的に白トリュフが!(ミーナはおそろしくキノコ好き)

IMG_3860.jpg

IMG_3857.jpg
オマールエビのビスク

IMG_3861.jpg
乳のみ牛のアレンジ 3種とポテト

IMG_3863.jpgIMG_3865.jpgIMG_3867.jpg
デザートも延々出ます。
真ん中焼きたてマドレーヌが秀逸!

お茶は緑茶もありましたが、すっごく薄くてハーブティーの感覚!



ダニエルの雰囲気は、日本のレストランや、外国でもホテルに入ってるレストランとは全く違います。

あの、高級感、おしゃれ感、くつろぎ感の中でいただいた、白トリュフのクリームパスタ、一生忘れられない思い出になるでしょう。

白トリュフのクリームパスタって日本でも食べられるよ。ってつっこみはやめて下さいね。
ミーナも今、気が付いて、「まあ、いい。」って自分に言い聞かせているところですから。

黒トリュフの瓶詰め発見!
料理クラスで使ってみよっと。

それではお休みなさい。


PageTop

4日目はボストン

アメリカ発祥の地 ボストン。
アメリカのレストラン発祥の地でもあります。N.Y2 041
1826年開業ユニオンオイスターハウス。
店内は当時そのままに汽車の向かい合わせのような狭くて硬い木の席です。
IMG_3790.jpgIMG_3791.jpgIMG_3792.jpg

コーンブレッド、ロブスターのサラダ、クラムチャウダー

ボストンの市場。
安い!ブルーベリー1パック1ドル 大きいパパイヤドル ジャガイモ5個1ドル オレンジ6個2ドル
N.Y2 042

とても落ち着いたきれいな街です。
松坂選手っていいとこで働いてますね。

大学も一杯あります。
ハーバード
IMG_3812.jpg


夜はN.Y.にもどり、アメリカらしいおすしを求めて「ガリのスシ」へ
超個性派!おすしを超えたオスシ
一番印象に残ったのは炙りウニ!
NEC_0142.jpgNEC_0143.jpgNEC_0144.jpg
真鯛のサラダ仕立て          ボタンエビのセビーチェ         マグロ 豆腐のソース

NEC_0145.jpgNEC_0146.jpgNEC_0147.jpg
スノークラブのしゃぶしゃぶ      シマアジ ハラペーニョソース  漬けのキンメダイ メカブサラダ

NEC_0149.jpgNEC_0150.jpgNEC_0151.jpg
ヤリイカのなんこつ ウニのソース   サーモンに熱いトマトのソテー     マグロのユッケ のり天

NEC_0152.jpgNEC_0153.jpgNEC_0155.jpg

サンディエゴ産の炙りウニ        大根とフォアグラ             炙りトロ

NEC_0154.jpg
カルフォルニアロール


ウニって炙るととってもいい磯の香りがたつんですね。
サラダ仕立てのものでも、なぜかわさびとよくあって、ほんとおいしかった~。


関心のある方は東京青山へ!
青山にあるんならN.Y.までこなくても...。(ちょっとショック)

PageTop

3日目はN.Y.市内観光

今日はクリスマス。町には観光客が溢れていますが、お店もレストランもお休み!
なので、ツアーに参加。
自由の女神、ウオール街、ダコタハウスなどに連れて行ってくれました。
N.Y2 026N.Y2 027

朝は屋台のサンドイッチ。昼はメキシカンのファストフード
日本の大手のファストフードよりは手作り感があって美味しいように思います。
でも、冷たい!気温が低いから。

N.Y2 029N.Y2 030N.Y2 031

スーパー見学 根セロリやアーティチョークが安くてうらやましい!

エセックスハウスでアフタヌーンティー。N.Y2 028
見た目は日本の方がきれいですが、味はさすが!

真夜中に5番街のディスプレイを撮影にでかけました。
治安がとても良いので驚き。

N.Y2 035N.Y2 034
IMG_3749.jpg


バーグドルフ グッドマンというデパートのショウウインドウは芸術作品!
これがシリーズもので春夏秋冬バージョンと12ヶ月バージョンあります。

セント レジスにあるアラン デュカスのアドーアN.Y2 036





PageTop

2日目はワシントン

ワシントン行きのアムトラックに乗るため、ペンシルベニア駅へ
N.Y2 010N.Y2 011

朝食のベーグルタマゴサンドとクリスピークリームドーナッツ上はチョコのアイシング、中はカスタード、です。
緑茶レモン味という飲み物を買いました。日本人にはぐったりする味。
緑茶で作ったアイスレモンティー、砂糖入りを想像してください。

N.Y2 001N.Y2 003N.Y2 002

デコレーション派手ですね!

IMG_3662.jpg
1月20日のオバマ次期大統領就任式の準備工事中です。
議事堂前。

ワシントンではペンタゴンのモールでランチ(怖いところではありません。)
またしてもケイジャン!だけどおんなじ店で中華もやってます。
なんでもあり!
N.Y2 016N.Y2 015
チキンバーボン、チャーハンやきそば。レモン鳥、ビーフン、コーン。

夜はアメリカらしいステーキをということでウォルフギャング・ステーキハウス
店員さんは恐ろしく感じがよく、待ち時間にビールを勧める手際は世界1!
お肉は脂肪がほとんど無い為、結構沢山たべられます。
お肉の味をしっかり噛んであじわいましょう。
IMG_3707.jpgIMG_3706.jpg

驚いたのがワインとパン、バターのおいしさ!
アメリカはパンが美味しくないのは常識だと思っていましたが、いえいえそんな事はございません。
日本のものとは随分ちがいますが、しっかりとハーブや玉ネギの味が付いていて…
バターも発酵バターでフレッシュなのに深い味わい。
ワインはカリフォルニア、ソノマのKENWOOD
ほんと、ここのお肉と良くあって!

何十年間も、浮き沈みの激しいN.Y.で人気店であり続けている理由がよくわかるおみせでした。






PageTop

N..Y.1日目

NEC_0056.jpg
ロックフェラーセンター前のクリスマスツリーとスケートリンク
ライ麦畑でつかまえて を読んでずっと憧れてました。
おまけにスケートリンクでは、アジア系の背の高い二人が公衆の面前でプロポーズのハプニング!
回りも拍手喝采で映画を見ているようでした。

ジャズクラブ バードランドはフードも最高IMG_3637.jpg

IMG_3635.jpg

IMG_3634.jpg



ケイジャンコーンとBBQチキンウイング、カニのコロッケです。

ケイジャンとは南部のフランス系移民に好まれた庶民的な食事でジャンバラヤが有名です。
ちょっと辛い。

ミーナの小学生の頃の愛読書は、「世界の料理」という百科事典みたいな大きい本でした。
もともとアメリカで発行されたものなので、世界中の料理がアメリカ的にアレンジされていて、今見てもかなりおもしろい!

もちろん、レシピは一皿12人前用です。

そこに乗ってた料理をやっと食べることができました!


NEC_0061.jpg
ヒルトン前の評判の屋台から
夜中の1時なのに、ここだけすごい人だかり

PageTop

さあ、才能にめざめよう!

ごめんなさい。まだ、N.Y.に出発していません。

しかも、最近は食べ物以外のテーマにもテーマを広げてしまってます。
まぁ、本と出合うのも一期一会という事で許してください。

ところでこの本、趣旨は「短所を補強するより、長所を伸ばした方が上手くいくよ。」ということ。
PCテストがついてて自分にはどんな5つの強みがあるか診断してくれます。

占いみたいな楽しみ方ができておもしろいのですが、しっかりデータの裏付けがあると著者は主張しています。

ちなみにミーナの強みは社交性 コミュニケーション 内省 目標志向 ポジティブ 
だそうです。
自分では結構ネガティブだと思ってるんですが、残りの4つはやっぱりそう?と納得してます。

面白いのが社交性、コミュニケーションと2つも他人と話をするのが好きな特性がある上に、内省で自分と話するのも好きという特性まであります。

つまり、誰かといても一人でも常に話しているという状態のようです。
そこまでは自分で気が付かなかった~。

みんなも一度試して結果を教えて下さい!
面白いから!

この本を回したいところですが、一冊に付き一度しかテストができないのが残念なところです。

200812 005
唐突ですが、電子レンジで作ったケーキです。
こんな実験もしてます。

PageTop

左阿弥

かどみせって風習はそちらにもありますか?

結婚したばかりのご夫婦を親戚が食事に招待するっていう行事なんですが。

私も便乗させていただいて、京都、丸山公園の左阿弥さんにおよばれしてきました。NEC_0052.jpg
織田信長公のおい、頼長公のお屋敷跡、380年前のものがそのまま残っているとのことです。

NEC_0049.jpgNEC_0048.jpg
NEC_0046.jpgNEC_0045.jpgNEC_0044.jpgNEC_0043.jpgNEC_0042.jpg
伝統的なあっさりした京料理の姿勢は堅持。その中で、先付けにお漬物のお寿司が付いていたり、白い器のフォワグラ玉子豆腐が出たりと流行も意識されていました。

帰りに大丸でgiottoに寄ってしまいました。
NEC_0041.jpg
マロンのパフェと杏のパフェ(パフェというネーミングではありませんでしたが。)
ここの焼き菓子最高です!
しかも日本でここしか売ってない!

玄米2日ほど食べてないと途端にこんなものが食べたくなります!

ほんと玄米食べてると甘いものって不要なのに、不思議!

さあ!明日からはN.Y ミーナのおいしい旅はじまります。

小さいPC持って行って出来るだけブログも更新するつもりです!
上手くいきますように!




PageTop

クリスマス パーティー

昨日はクリスマスのお料理クラスでした。
006.jpg

今回は(いつものような気もしますが)とっても刺激的なメンバーで!
お料理もおしゃべりも楽しくて楽しくて!

おいしいお料理をつくって食べて、素敵な人たちとお話が盛り上がって、ワインもスイーツも!!
これ以上楽しい事って世の中にあるのかな?
011.jpg010.jpg012.jpg
200811 007




ほたていくらのサラダ ライムと黒トリュフの香り
かぼちゃと蟹の冷たいスープ
丸鳥のオーブン焼き 栗のピラフ詰
パネトーネ
鳥のフォンの取り方も覚えてもらいました。

マンディアン005.jpg

004.jpg


しかも今回はKさんのピアノリサイタル付き
プロはだしのKさんの演奏にあんまり感激したので、ミーナは感覚が飛んでしまって自分の家なのにどこにいるのかわからなくなってしまいました。

今度、Kさんとミーナのコラボで、ピアノディナー出来たらいいねっていう話も!

Kさんからはとっても香りのいいバラが、Fさんからのおみやげも可愛くて・・・。NEC_0032.jpgNEC_0033_1.jpg


もうひとりのKさんのトークや気配り、見習わせていただくことばかりでとってもお勉強になりました。
こちらのKさんは在米15年、辻調に1年逆留学、フェニックス時代は砂漠の中テニスに明け暮れていたため、日本の18,9才の男の子は自分の体力の1/2とお嘆きでした。ひぇ~!
 
サロンをやってると、自分がお料理をお教えする以上に生徒さんたちから沢山のことを教えていただけます。みんな、ありがとう!!

北海道のママもご協力ありがとう!
おかげで低料金のクラスなのに、イクラ、カニ、ホタテ、ワイン、バター、昆布ふんだんに使えます!
感謝!



PageTop

パネトーネ

NEC_0031.jpg
パネトーネ焼きました。
トニーさんのパンという意味だそうです!
明日の料理教室でだします。
明日のお題はクリスマス パーティーなのでぴったり!
パネトーネはクリスマスのパンなのです。

貧しいパン屋トニーの娘と貴族の息子が恋をしますが、格差恋愛のため周囲に愛を阻まれます。
そこで貴族の息子は、可愛がっていたタカを手放したお金で最高級の粉、卵、バター、サルタナを集めてトニーに手渡します。
クリスマスにトニーが焼いたパンは評判を呼び、トニーは一躍、町の成功者に!
おかげで、二人の恋愛も周囲から認められ、めでたしめでたしとなったのでした。

という物語がイタリアに伝わるそうです。

もうひとつ聞いた話。

イタリア人は唾液が多い!

だから、イタリアのパンはパサパサしてる。
例えば、グリッシーニ、クグロフ、パネトーネも然り。
日本で売っているものは日本人用にしっとりさせてあるそうです。
誰かイタリア行った人、真偽の程をよろしくお願いします。

PageTop

長月のお食事

9月に行ったミーナの料理クラスの写真をのせます。1bann 014

百合根の梅肉あえ1bann 015

ハマグリのお吸い物
若鳥の味噌つけ焼き1bann 017

だし巻き卵1bann 023

季節の彩り1bann 013

うさぎ十五夜1bann 0261bann 006

1bann 029
Kさん、おしゃれな和花のおみやげありがとう!
サロンの雰囲気がとってもよくなりました。

思いもよらず、料理クラスを開いて下さい。と声をかけて下さったKさん。
あれから、なんだかドンドン道が拓けてきています。

食べ物との出会いって結局、人との出会いなんですね。
感謝しています。

PageTop

紅茶教室 藤野先生

ティーインストラクターの藤野親江先生をご存じですか?
芦屋のLe luxe でクリスマスのアレンジティーの講習に行ってきました。
NEC_0021.jpgNEC_0022.jpgNEC_0024.jpg

藤野先生は元CA シュガーケーキのインストラクターでもあり
Veryの読者モデルもされています。

二人の男の子のママとは思えない可愛らしさ!
立ってるだけで絵になります。

ミーナの質問にもてきぱきと回答。

せっかくのご縁なのでミーナのサロンにもきて頂けるようお願いしてみました!
華麗なる藤野レッスン、楽しみですね。

乞ご期待!

先生の名誉のために一言。
紅茶の表面に描いてる絵は初心者ミーナ作です。

NEC_0028.jpgNEC_0025_1.jpgNEC_0027.jpg

高川みどり先生のショコラのケーキは手作りの味!やさしい口どけです。

リュクスのスコーンはさっくりしていてとっても美味しいのになんと!
喫茶部門、閉店だそうです。(涙)
なぜ、いいお店はなくなっちゃうんでしょうね。
かなし~い!






PageTop

こんな野菜ご存じですか?

NEC_0014.jpgNEC_0015.jpg
びっくりするかたちですね。

すくねかぼちゃと、はやとうり。

宿儺かぼちゃは飛騨高山丹生川付近の名産で実在の人物の名前に因んでいるそうです。
隼人うりは薩摩隼人に因んだ鹿児島名産。1917年にアメリカからやってきたんですって。


どちらも丹波からのおみやげです。
あまり市場に出回らないそうですが、どちらも雑味がなく、すっきりした味!
とってもおいしい!

見かけ方はぜひ一度試してください!

素材自体がとっても美味しいので、すくねカボチャは薄味の煮物、はやとうりは少しだけ塩をしていただきました!

PageTop

体にいい?プレゼント

NEC_0009.jpg
最近玄米にまってます。
黒豆、ぎんなんも大好き!

ということを知ったTちゃんから玄米おにぎりのプレゼント!
香りはココナッツ?!

実は玄米おにぎりの形をしたせっけんでした!

ファニーなTちゃんありがと!

PageTop

ボルゾイ

ボルゾイ
ボルゾイ、ロシアの貴族のような犬が大阪の国道沿いをフラリフラリと一人でお散歩!
スリムな羊のような姿に人だかりが...。

知り合いの家のももちゃんかと思って連絡したら、ももちゃんは昨年亡くなったそう!
1キロほど離れたところにご主人がいるのではとの情報!
なぜか成り行きで私がお姫様をエスコート。

とっても大きいので押されたりひっぱられたりしたらどうしょうと思っていたら、思いのほかおとなしく軽やかなステップ。

情報を元に向かった町内で、会う人会う人に問い合わせ、やっとお家が判明しました!

あんな珍しいワンちゃんとと偶然いっしょに時間をすごせたのはとってもふしぎな体験!

暗くて一緒に記念撮影できなかったのが残念です!
また、会えるかな?

上の写真はネットからとりこんだもので、おじさんは無関係のかたです。?

PageTop

天ぷら研究会

先日、S先生のてんぷら研究会を行いました!
私が最も愛するシソ揚げも
200811 004
料亭でしか味わえない栗のいが揚げも
200811 003
このとおり!!
てんぷらの極意は衣と油、こころと耳で揚げるものなんですね!

いつもながらプロのご指導ありがとうございました!

PageTop

第1回フランス料理クラス!!

遂にやってしまいました!
フランス人によるフランス語で行うフランス料理教室!

大盛況!!

みんな本当に喜んでくれて私も頑張った甲斐がありました。

ナディヌ先生はホントに穏やかでしたが、実は日本人に合わせて下さっていたようです。
フランス人同士はもっと喜怒哀楽がはっきりさせるそうです。
200812 017

日本に来て6年になるせいか、日本語は話せなくても日本の習慣はいろいろご存じで気配りも細やか。

日本と共通する優しい気持ちとがフランスにもあるというのを実感できてうれしかったです。

200812 020

作って下さったお料理も若鳥のオーブン焼き、ドライフルーツの詰め物 カボチャと人参のアンブール。これぞ一般のお家で食べられているフランス料理!
日本のフレンチレストランにはないものでしたが、これがおいしい!

油、塩、フルーツの甘味、小麦粉、ワインこれらがお口の中で混然一体となった時、フランス料理への祝福が天から降ってくるのを感じます。

いつまでもこの味覚に身を委ねたいような感覚!

この感覚は和食では味わえない。強いていえば、お刺身と日本酒のマッチングの感覚でしょうか?200812 018
200812 019


私の方はレジェメの制作、レシピの翻訳、先生の料理の試作、私が提供する料理の試作、部屋の飾り付けと大変でしたが、達成感は今までで最高!(今回は特にクリスマスでしたから)

クラスが終わってからは2時間ほどなにもせず余韻に浸ってしまいました。



1月2月は先生がフランスへ帰ってしまうので、次回は3月になりますが、それまでにフランス語を進めてもっといろんなお話ができるようにしたいと思います。


200812 016

J先生のお菓子はお人形のパイや焼きタルトですら芸術的!

NEC_0006.jpg
ミーナもホタテのサラダ ライムソース ポルチーニのピラフ 玄米アンド白米 カニとかぼちゃのスープをくわえさせていただきました。

PageTop

クグロフ

クグロフやいてみました!
明日のフランス料理の教室でだすつもりなので食べられません!
残念!
しかも美味しいかどうかわからないものを他人に出すなんて!
明日は出たとこ勝負です

最近、静岡まで結婚式に行ったりと写真を撮る機会は多いのですが、なんと携帯のカメラ機能が壊れてしまって真っ青の新郎新婦が...。

写真がないと面白くないのに、申し訳ございません!

明日のブログにクグロフの写真載せています。

PageTop

さばずしのいず重さん

3年ぶりにいず重さんに寄せていただきました。
場所は八坂神社のすぐ前でいろいろお持ち帰りができます。

久々に行ってびっくりしたのはメニューが増えていたこと!
生麩巻きや海藻巻きができていました。
海外からの旅行者が多いせいでしょうか?
それともマクロビの影響がここまで及んでいるのか?

他にも鯛の笹巻きや稲荷ずし、注文してから作って下さるせいかとっても美味しいのです。
とくにいなりずしはケシの実、揚げとゴボウのすっごく小さく刻んだものが入っていて、オリジナル感満載!
やっぱりここでないと!の記憶を頭にすりこんでくれます。

不思議だったのがあんなに大好きだった鯖寿司をちっとも美味しく感じなかったこと。
お店の味が変わったのか、マクロビの影響で私の味覚がかわったのか?
今日は鯖寿司を買いにいったのに不思議な結果になりました。


ちなみに北海道の一部を除いては鯖寿司を発送できるそうです。
釧路、網走ならOKとのことでした!

この日は顔見世、昼の部みてきました!NEC_0054.jpg


愛之助、海老蔵、玉三郎、仁左衛門、藤十郎、吉右衛門の豪華顔ぶれ!
左右には舞妓さん、芸妓さんがずらりと並び、これぞ顔見世という雰囲気を出してました!

ところでうれしいハプニング!

秀太郎さんの演技にじっと見入っていると、やはり息子、気になるのか愛之助さんが私の様子を舞台から気に留められた様子でした!

理由はなんであっても、存在を認めて頂いただけで感激!
愛之助さんとは何かにつけご縁があり、ミーナの一番の贔屓役者ですから!

舞踊の家元も継がれたそうでおめでとうございます!
ものすごく精進されたんでしょうね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。