今日会うあなたを忘れない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7日目はソーホー 

タイム・ワーナーセンターにあるブーレーさんのパン屋さん!
とっても高い!

和牛のサンドイッチ、ハムクロワッサンサンド、野菜のスコーン、紅茶で3000円弱します。
NEC_0179.jpg


それにしてもN.Y.ってなんでこんなに高いのかなと思ったら、一つ一つが大きい!
日本の倍は絶対あります。

日本の高級サンドイッチも握り拳ぐらいで300円、400円しますもんね。

アメリカ人からしたら、それこそぼったくりと思うかも。

そういえば、以前、友人の米人旦那さんと日本で2500円のランチにいったら、デザートが終わってからメインはいつ?って聞かれました。

ブーレーさんの後はソーホーでお買い物。
ファッション保守主義の私としては過激すぎてついていけなかったらどうしょう、と思って行ったソーホーですが日本でも展開されているブランドばかり。

ちょっと拍子抜けしましたが、下着ショップだけはびっくり!
普通の店なのに、ここには書けないものが一杯売ってました。

夜はグリニッジ ビレッジのマスというオーガニックレストランへ
ここでようやくおしゃれなニューヨーカーに出会えて気分は盛り上がります。

今まで行ったレストランではほとんど黒人を見かけなかったのですが、ここではお洒落で知的な集まりが人種に関係なくあちこちで見受けられ、かっこいい!
サービスのお姉さんもN.Y.ドラマに出てきた女優さんそのままに、お洒落でおもしろい!

IMG_3901.jpg

料理は独創的!素材も知らないものが多いし、味付けも日本的健康志向の味!
日本食、やっぱりN.Yで存在感大きいです。

さすがにおしゃれなここでは、周りへの配慮から写真は一枚しか撮れませんでした。


流行最先端を味わった後は、20世紀アメリカの影の政治舞台と呼ばれているウォルドルフ・アストリア ホテルへ。

セレンディピティなどいろんな映画の舞台になっていますが、ホテルその物の映画もつくられています。

現在、世界中の高級ホテルのトップをあまた輩出しているのでも有名です。

今は新しい高級ホテルがどんどん出来ているというのに、客層が他の新興高級ホテルを圧倒。
ただのお金持ちではなさそうな方がちらほら、自ら歴史の生き証人といった人も。

又、日本人向けの丁寧なサービスもあちらこちらに残っており、ジャパン アズ ナンバーワン時代の残り香が。

新しい所は中国語の説明はあっても日本語の説明はありませんから。
ちょっとさみしいような~。









スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。