今日会うあなたを忘れない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フランス人の先生に家庭料理を習いました。

今日は芦屋国際交流でフランス人の先生のアシスタントをしてきました。

コルドンブルーでご一緒だったKさんのご紹介だったのですが、実はその日はミーナ、北海道に行く予定だったのです。

しかし~、こんな楽しそうな機会を逃すわけには行きません。
北海道は一日遅れていくことにしました。
北海道一泊二日の旅になっちゃって、もったいな~い。

しっかし、結果は大収穫でした。

フランス人の先生たちも、日本人のスタッフの方たちもとっても素敵な方たちばかり!
食を通じて新たな出会いが!!
Kさんと食神に、大感謝です。

フランスのママンが実際に毎日作っているお料理を習うのは初めて。とっても優しいお母さんの味。
20081011ナディーヌ先生
ナディヌ先生がサーモンのタルタルを仕上げておられるところです。
ナディヌ先生の御主人はイグレックの有名シェフなんですよね。
あのシェフがお家でこの味を召し上がってるのかと思うと感慨深い!
家庭料理とレストラン料理、それぞれの良さってありますよね。

次はアンチョビのプロバンス風ティアン
20081011アンチョビのプロバンス風ティアン
簡単なのにすっごく美味しい、これは是非マスターして誰かに伝えたい!

あと、豚肉のブランケットとりんごのクラフティでした。
20081011りんごのクラフティ
これもかんた~ん!
おいし~い!ナシやバナナでもできそうな気がします。

ナディヌ先生、どうもありがとう!
アドレス交換して下さったので今後もお付き合いできそうです。
フランスの家庭料理教室、企画したいな~。

それから、今回のイベントの母体はフランス語教室です。

だからスタッフの方たちは、フランス語教室の生徒さんです。そして、みなさんミーナの母位の年齢の方ですが、若~い!
昔、どこかで「若さというものは若者に宿るものではなく、年長者にこそ存在する。」というようなことを読みました。

皆さん、好奇心旺盛、行動力抜群、お一人一人のプロフィールが素晴らしくて、お人柄も素晴らしいのですが、まだここに書けなくて残念です。今度、ご了承いただいて是非、皆さんに紹介したいです。

こんなに素晴らしい人生の先輩に、一度に沢山巡り合ってしまったミーナは将来がバラ色にみえてきました。

いろいろ、学ばせてくださいね~!

書きたいことが山ほどあるのに、興奮気味で、まとまらな~い。

あっ、そうだ!これから、北海道の食い倒れの旅に出かけなくては!
行ってきます!

♪「私を~ 待ってる~ 食があ~る~」

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。